真・女神転生4 FINAL攻略wiki、真・女神転生4 ファイナル攻略、真・女神転生IV FINAL

真・女神転生4 FINAL攻略wikiTOP Yahoo!ブックマークに登録Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加GoogleBMに登録 はてなブックマークに登録はてなBMに登録 Livedoorクリップに登録Livedoorクリップに登録
世界観について
真・女神転生4 FINALの世界観を紹介しています
東のミカド国
グレゴリ歴1492年
カントーと呼ばれる緑豊かな大地に、東のミカド国はある
アハズヤミカド王が統治しており、王の居城であるミカド城を中心に建造された城塞都市になっている
城下には高い城壁に区切られた町が広がっている
ガントレットの儀式
東のミカド国では、18歳になった者たちが国中から集められる
そして「ガントレット」を起動させられるか試す儀式を行うしきたりがある。
ガントレットはサムライが身につける魔法の篭手を意味している
東のミカド国の文明レベルにはふさわしくなく、なぜこれがこの国に存在しているかは不明である
悪魔召喚プログラムなどの機能を備えている
サムライ衆
ガントレットの儀式によって選ばれた者たち。
東のミカド国の民はガントレットに認められると都に仕える身となり、ミカド城で暮らすことになる。
主な仕事は、秘密裏に悪魔退治を行い、東のミカド国を守ることである。
限られたものだけが使うことが出来る「悪魔召喚プログラム」は、その存在自体がミカド国において、極低限られた一部の者しか知っていない。
サムライ衆は日々、悪魔の脅威から民を秘密裏に守っている。
修道院
王による君主制をとる東のミカド国だが、実質的な国家運営は修道院が行っている。
修道院は基本的に、ミカド城内に設置された、国家の研究機関になっている。
国民の暮らしを向上させるべく、様々な研究を行い、国民に新たな教義を与えている。
しかし神の名を用いて、傲慢かつ強引なやりくちで東のミカド国を政治的に支配しているた、一部のサムライたちから反発の声が上がっている。


真・女神転生IV FINAL 公式悪魔データ
真・女神転生IV FINAL 【先着購入特典】『禁断の神殺しDLCセット』
真・女神転生IV FINAL 『先着購入特典:禁断の神殺しDLCセット』 &
『Loppi・HMV限定オリジナル装備(DLC)